2014年11月8日土曜日

見込み客はマップからも訪れる - 今後予測する美容室の集客事情④

直筆美容室カルテの来店動機からの解析

今後予測する美容室の集客事情③ からの続きです。
リアルな情報解析からIT見込み客対策への誘導として、美容室で考えられる例をあげます。
当店もそうですが、札幌の美容室として店舗に隣接して駐車スペースがある美容室は
多くはないと思います。
当店でも来店動機のきっかけで 「駐車場があったから、、、、」との理由で
顧客のつながたったゲストも多数いらっしゃいます。
そこで、リアルな接客中での会話やカルテにご記入頂いた、来店動機をどのように
ITを利用した集客に結びつけるかを説明します。

ブログタイトルや記事、ホームページ内でアピール

今まさに美容室を探しているゲストがいるとします。
顕在顧客と言いますが、既に数店舗のリサーチをしています。
車を愛用しているとすれば、間違いなく駐車場の有•無を考えます。
店舗に隣接して駐車スペースがある のは比較的に差別化できる強みです。

ゲストが目にするホームページやブログ等に認識できるようにアピール表示の工夫が必要です。

もしくは、「札幌 駐車場 美容室」と検索している事を考えて対策をしていくと言う事なのです。
ITの分野での集客対策方法テクニックはいっぱいありますが、まず出来るところから
はじめましょう。



ITは最先端発想ではなく昔からあった事をデジタルにしているだけ

【近所のスーパーの横で目にする町内会の地図】
10年間、住宅地で美容室を営業していると、色々なセールスマンがやってきます。
現在も良く目にするスーパーの横などにある町内会の地図
         ↓↓↓↓↓↓↓↓


年間、数千円〜数万円の掲載料を求められたりします。
否定はしませんが、費用対効果はどうであろう、、、
懐かしい感じがする地図ですね。

最近の地図(googlemap=グーグルマップ)


では、最近の地図はどうでしょう??

googleMAPは、スマートホンで簡単に見れてしまう。
しかも登録は無料です。
良く飲食店やカフェその他ホームページで用いれられている地図は
このgooglemapを目にします。
スマートフォンなどのナビアプリにも利用されています。
どの美容室もGooglemapに無料で登録できます。
http://www.google.com/intl/ja_jp/business/befound.html#get-on-the-map


見込み客はマップからも訪れます

ゲストはお住まい(googleマップ)から美容室を検索しています。
googlemapに登録していれば住所から料金、店内の写真なんども項目に入れる事が
でき、ゲストに伝えたい情報をお届けできます。
また、下部の添付写真は美容室R628のアクセスページで紹介しているgooglemapですが
通常のgooglemapの下にマップの写真に地下鉄からの歩行通路(道順)を矢印で示すなどの
工夫もしています。
(参照 *美容室R628アクセスページ )




次回のテーマも昔から行っていた事を現代版にした美容室向けの見込み集客対策記事を投稿致します。

0 件のコメント:

コメントを投稿