2014年11月10日月曜日

ITを利用した三世代集客とは? - 今後予測する美容室の集客事情⑤

理想とする美容室の三世代集客

前回の記事より、昔から行っていた事を現代版にした美容室向けの見込み客対策
の意味から説明すると
美容室の集客方法は古い時代から変わっていません。

違いは?
というと、インターネット情報世界になった事で紙媒体や既存客だけの宣伝ではなくなりました。

私が入社した頃はフライヤー(ショップカード)みたいな物もなく、ただ名刺やチラシをハンティング、ポスティングする時代でした。
なのでオリジナルのショップカード作成には、大丸藤井セントラル(文房具屋)などで厚紙を購入してきて、それにコピーをしてからラミネート仕上げで飲食店や服屋さんなどに置いて頂きました。

店舗内で出来る集客

紹介客を増やしていただく為にペアキャンペーン(二人で来店されるとOO%引き)や専用のスタンプカードを作成し5人紹介でOO%引きなどのキャンペーンを行っていました。

その中でも一番力を入れていた集客が ご家族紹介キャンペーンです。
家族が通っている美容室だから "信頼、信用" もあるので紹介率が高い集客でした。
紹介アピールツールとしては、ポップをミラーの横やカウンターなどに設置しゲストに声かけをしていました。
目標は三世代集客でした。
(*イメージです。)
きっと皆さんも同じような事を していた?している? のではないでしょうか??

ITを利用した三世代集客

三世代はなかなか難しいですが、美容室R628が行っている IT的ご家族見込み客集客は、これです。
(↑*こちらは動画ですので再生ボタンをクックもしくはアドレスをタップするとご覧頂けます。)

この動画は店内のセット面(ミラー横)のデジタルフォトフレームで再生されています。

美容室に男性カットの動画?

ゲストの中には美容室で男性カットは受け入れてくれないと勘違いをしている方やご主人を紹介する事に抵抗がある方が意外にも多かったのです。
この対策でR628もかなりのメンズ客が増えました。

又、ホームページでもさりげなく YOU TUBEでアップロードした動画を埋め込んでいます。

下部のページはホームページのキッズページですが、この効果でキッズとパパ、セットでのご予約も入るようになりました。


(参照ホームページ http://www.r628.com/kidsroom.html )


見込み客とは、コンテンツごとに 毎月1名の集客で良いのです。アナログとデジタルのバランスの良さが最も大事な事なのです。
次回の記事も事例を紹介しながらITの必要性の紹介をしたいと思います。


0 件のコメント:

コメントを投稿